徒然三十路日記♪

<< 秋もたけなわ | TOP | 今更ながらエゴと真心 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
愛し愛されて生きるのさ
ここんところよくTVCMで耳にしますね。
懐かしいなぁ〜というのが、私の第一印象。
オザケンって10年前位は音楽界の時代の寵児扱いだったもん。
(色々な人とも噂になったりしたよね。渡@満里奈とか@津絵里とか…)
当時私も(フリッパーズの時から)彼の音楽は好きで聴いてましたけどね。
一昨年復帰(?)したアルバムを聞いたら、声や唄い方が思いっきり変わっていて驚いたし、ちょっと残念だったのも本音でした。
やはり繊細で少年ぽさを残した甘える感じの声が、この人の魅力の一部だったと思うので。
今度CD借りてこようかなぁ。。。

今日美容院に行ってきたのですが、そこで読んだ雑誌「Ozzi 10月号」に市川拓司さんのインタビューが載ってました。
彼の小説の世界観や人柄が真摯にうかがえて、なかなか良い記事でしたよ。
(来週には11月号が発売されてしまうようですが)
いま、会いにゆきます」が来月映画化になって公開されたりと最近メディアで取りざたされるコトも多いのですが、機会があったら是非一読して頂きたい素敵なインタビューでした。読めて良かった(^.^)
21:38 | 05音楽・ライブ | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
21:38 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://lavender.jugem.cc/trackback/142
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--